犬種

【完全版】ポメラニアンの性格【オスとメスの特徴まで徹底解説】

更新日:

ポメラニアンのモチ

 

ポメラニアン可愛いです。

本当は猫を飼うつもりで入ったペットショップなのに

勢いでポメラニアンを飼うくらい可愛いです。

 

今回はポメラニアンの性格について紹介します。

こんな方におすすめ

  • ポメラニアンを飼いたい、飼おうと思っている
  • ポメラニアンの性格について興味がある
  • ポメラニアンはオスとメスで性格に違いがあるか知りたい

 

一般的なポメラニアンの性格

 

とにかく明るいです!

そして感情表現が豊かです。

何にでも好奇心旺盛で見ていて飽きません。

 

SNSでペットの写真をアップしたい方は、

きっと映える一枚が撮れること間違い無しです!

 

ポメラニアンの一般的な性格をまとめてみました。

・明るい
・感情表現が豊か
・好奇心旺盛
・警戒心が強い
・物覚えがよいのでしつけはスムーズ
・興奮しやすい
・犬見知りしやすい
・甘えん坊で依存しやすい

 

ポメラニアンは明るい

ポメラニアンは陽キャと言う人はいても

陰キャだ、と言う人は少ないのではないでしょうか。

※陽キャとは「陽気なキャラクター」を指します

ポメラニアンと散歩に出かけても、

話しかけられたりする事が増えて

見ず知らずの人と会話が生まれるようになりました。

ポメラニアンと一緒にいなければ、絶対に起こり得なかった事です。

天性の明るさが周囲にも影響を与えているのを感じています。

 

ポメラニアンは感情表現が豊か

いい湯だな~

ポメラニアンは喜怒哀楽がハッキリしています。

感情が顔に出ます。

何を考えているか分かりやすいので

飼い主の方にとっては安心するのではないでしょうか。

 

ポメラニアンは好奇心旺盛

ポメラニアンの目の届く範囲で、何でも興味を持ちます。

飼い主が食べているものだったり、スマホの充電器だったり

家の中には危ないものもあるため、注意が必要です。

ポメラニアンが過ごしやすい環境を整えてあげるのも

飼い主の役目になります。

私は、ポメラニアンを飼ってもうすぐ2年になりますが

見ていて、全く飽きません!

 

ポメラニアンは警戒心が強い

ポメラニアンの面白いところで

好奇心旺盛なのに、警戒心が強いので

初めて見るものに対して、警戒しながらも

でも確かめずにはいられない・・・

ポメラニアンの葛藤する姿が、本当に可愛いです。

警戒している時は吠えることもありますが

正しいしつけ方法がありますので参考にどうぞ。

犬が吠えなくなる正しいしつけ方法【わかりやすく解説します】

 

ポメラニアンは物覚えがよいのでしつけはスムーズ

勉強はちょっと・・・

ポメラニアンは賢い犬です。

おやつが置いてあるある場所や、散歩の時間を覚えます。

正しいしつけを行えば、ちゃんと理解してくれます。

子供のように吸収してくれるので、教え甲斐があります。

良くも悪くも、飼い主次第という事になりますので

責任は重大です。

 

ポメラニアンは興奮しやすい

感情豊かなポメラニアンは、いきなりテンションが上がります。

例えば、飼い主が仕事から帰ってきた時や

美味しそうな匂いのする食べ物が目の前にあるだけで

興奮状態になります。

勢いで吠えたりすることもありますが

一旦は無視をして、落ち着いてから

ゆっくりと相手をしてあげましょう。

 

犬見知りしやすい

「一人にしてくれないか」

あまり外に出していない室内犬の場合や

多頭飼いをしていない場合に多いです。

要するに、自分以外の犬を見たことが無く

どうしたら良いか分からない状態です。

ドッグランに連れて行ってあげたりして

徐々に犬社会復帰を目指しましょう。

 

ポメラニアンは甘えん坊で依存しやすい

ポメラニアンは甘えたがりです。

飼い主と一緒にいることを好むため

室内飼いが適していますが、注意が必要です。

あまり飼い主に依存し過ぎると、

寝室と犬を飼っている部屋が別々の場合に

寂しくてなって吠えてしまう場合があります。

あとは仕事へ行った後に、誰もいない部屋で

ずっと吠えているといった場合です。

 

ポメラニアンの性格(オスの特徴)

オスの特徴は、やんちゃで甘えん坊です。

メスに比べると縄張り意識が強いとされており

警戒心の強さから吠えやすい傾向にあるとされています。

飼い主を守るときに吠えることもあり、勇敢な一面もあります。

きちんとしつけを行っていれば、「吠える」問題は抑えられます。

 

ポメラニアンの性格(メスの特徴)

メスの特徴は、落ち着きがあるとされています。

噛んだりする攻撃的な態度はオスに比べると少ないでしょう。

人懐っこく、飼い主に忠実であるがゆえに

依存しやすくなる傾向があります。

あと発情期に入ると、情緒不安定になり吠えたりすることもあります。

 

ポメラニアンの性格まとめ

いかがだったでしょうか。

ポメラニアンがどんな犬か伝わりましたでしょうか。

ポメラニアンの一般的な性格は網羅できているはずです。

ただ、最後に一つだけ大事なことを言います。

それは、「ポメラニアンの性格はしつけで変わる」ということです。

性格はあくまで一般的とされる傾向であり

飼い主のしつけによっては、全く別のポメラニアンになります。

犬の気持ちを理解して、正しいしつけを行えば不安になることはありません。

この記事を読んでポメラニアンが飼いたくなればとても嬉しいです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

-犬種

Copyright© ドッグプラスワン , 2019 All Rights Reserved.